インドで土偶に恋をする

インド Puneにて駐在員妻となりました。

サリーを買う。

サリーを買いました。

f:id:vento_str:20190513214721j:plain

「コットンは、風通しが良いため涼しく着られます」という謳い文句にたがわぬ、さらさらの一枚。伝統衣装感のある花柄と、ちょっと南フランスを思わせる青白のストライプが共存しているところが気に入って購入。

iTokriという、素敵なオンラインショップにて。サリーが主力商品ですが、その他の布小物やアクセサリーも売られています。

www.itokri.com

 

さて、問題はいかに着るか...ではなく、いかにドレープ(ひだひだ)を美しく巻くか、です。 体に巻き付けていく感じは浴衣と似ていますが、帯がないので、端っこをきゅっと結んだり・折りこんだりして着付けます。これがなかなか、コツのいる作業。

とはいえ布一枚で完結するので、まぁ浴衣を着るくらいの作業量です。巻きつけて→畳んで折り込んで→さらりと肩に掛ける、くらい。ちゃんとした和装はもっと、手順と、身に付けるものの量が多いですからね。

 

いつかサリーを着て外食ランチへ出掛けることを目標に、巻いてはほどく、の練習を始めました。

サリーを心地よく着たまま、立ち座り・階段を歩く・車の乗り降り・トイレ(!)がこなせるのか?インド人がやってるんだからできるはず!?と信じて。