インドで土偶に恋をする

インド Puneにて駐在員妻となりました。

ベランダ…じゃなくデスク菜園

わたしの居室には間取り上、PCテーブルが窓に面して置いてある。

そこでベランダでもキッチンでもなく、デスクで菜園をしてみることにした。

f:id:vento_str:20200802121942j:plain

菜園…もとい、再生野菜。まずはコマツナとニンジンで(育ちやすく、初心者向けだそうだ。)水耕栽培と書くとカッコがつくけれど、まぁ要するに切った端っこを水につけておくだけ。

 

そうだ。部屋に小さな菜園を、と思い立たせてくれたのはこの一冊。(生け花ならぬ、、、)

www.kashiwashobo.co.jp

毎朝、ルリマツリに「おはよう。」

数カ月ぶりに美容院へ行きました。

たまにしか行かないのに、美容師さんは私の事をよく覚えていてくれて「どうしてるかなと、心配してたんですよー」なんて言われたりする。まるで旧友との再会かのようにわたしも嬉しくなります。

 

さて髪を切ってもらい、お喋りをしながら

店内に飾ってある花を褒めたら、自宅の庭から切ってきて活けたものだそう。わさわさーと緑の葉が茂って、ちょっとした低木に見えるほど。花は薄紫。

 

「生活に花があるって、ホントいいですよねぇ」としみじみ話したら、なんと帰り際にその花を、ひと抱え分けてくれました。「挿し木ですぐ根がつきますよ、つかなかったらまた貰いに来てね。」と。髪を切りに行って、花を貰って帰るのは初めて (笑)

 

自宅で、とりあえずポット植えに。培養土は100均で購入

f:id:vento_str:20200727172102j:plain
f:id:vento_str:20200727172038j:plain

花木や土を触るのって、何とも言えず楽しいですね♪♬

 

あとは、DAISOで面白いガーデングッズを発見。ジェルビーズ培養土です

f:id:vento_str:20200727180200j:plain

植物の栄養成分と水が入っているので、水切りした根本を刺すだけ。水を足しながら、半年程もつらしいです。虫もつかないし、良さそう。見た目もややオシャレ?

 

花名、ルリマツリ

久しぶりにアクション映画、JOHN WICK

外に出ない・人に会わない(旦那以外)生活に飽きあきしている時におすすめしたい映画

JOHN WICK -chapter 2-

youtu.be

1を観ずいきなり2から観るという、映画好きの妹には怒られそうな観方をしたけれども、面白かったです!

なにがいいって、イタリア・ローマがオシャレすぎる。美術監修の方さんのドヤ顔が見えそうな程です。建物・美術品・ファッションどれもこれも。

 

うわー、ローマに行きたい。クラシカルなホテルのラウンジで食事して、バーでカクテルとか傾けてみたい。妄想旅行の素材としてぴったりの場面が、劇中目白押しです。

※もちろんキアヌ・リーヴスの戦闘シーンも見応えはあるんですが、ちょっとゴテ盛りな感がいなめませんでした。個人の感想です悪しからず!

こ、米泥棒!まいたけを盛ってきやがった...

サバ缶を使った炊き込みご飯、2回目です。

やっぱり米が、あっちゅう間に消えました。写真を撮る間もなく。野球部の息子も座敷童も、うちには居ないのに。謎です。

 

<材料>

★さば水煮缶1缶(汁ごと全部使います)

★まいたけ1パック(小さく割いて、サバの上にファラっと乗せます)

★しょうがの千切り

★酒、しょうゆ 各大さじ2

★砂糖 大さじ半分

<炊きあがったら>

保温をOFFにして、10分じっと蒸らしましょう。茶碗にこんもりよそったら、食べる前に粉山椒とか白ごま(あれば両方!)を振りかけると尚善しです。米を頬張る幸せにうっとりして。鼻を抜ける山椒の香りに、次の一口が待ちきれなくなります。

 

ぜひ雪国まいたけを買って、お試しあれ!

鯖缶の炊き込みご飯、いうなれば米泥棒。

炊き込みご飯を作りました。

インドに居る間は炊飯器なし(そもそも、日本米だってほぼない)生活だったので、炊き込みご飯をするのは約2年ぶり。載せるほどの手順もないですが、一応参考レシピはこちら。

oceans-nadia.com

さば缶・生姜の千切り・しょうゆ少々を入れて米を炊く。以上。超簡単。

KALDIで値引きされてたサバ水煮缶は薄味だったので、炊きあがってからおにぎりにするとき、少し塩して拵えました。

 

これがまぁ、不思議なほどおいしくて。

2合炊いたのに、旦那と二人で一気に食べ切ってしまったのには驚きましたて。汗

「気づいたら米が消えてた」的錯覚を味わえますよ~、お試しあれ!

コロナで得たもの:北極星のこと

在宅つづき。

引き籠っていると、世界が狭くなりがちです。来年から3年先への先行きが見えにくい不安も、胸の内に膨らんできます。いまの借家や仕事、故郷との距離感は今後どうしていったら??とか。

でもそんな、もやもやと形のない気持ちを LINEで聞いてくれて、一緒に考えてくれる友達が居ることは、本当にありがたいものです。

 

さてそんな時、友人の一人から勧められた「NIKKEI STYLE」ウェブサイト。の記事の一つに、これから人生計画を練り直す時でも・そうでない時にでも、役立つフレーズだと思うものがあったので残しておきます。(※抜粋ではないので、本文はぜひ下記リンクから参照めされ。)

 

(1)好奇心 -いつも新しい学びをもとめる

(2)持続性 -失敗しても、もう一度やってみる。それを続ける

(3)楽観性 -きっと、新しい転機はやってくるさとポジティブに。

(4)柔軟性 -こだわりすぎないで、信条や態度や行動を変えてみる

(5)冒険心 -結果に自信がなくても、リスクを取ってでも、エイヤと飛び込んでみる。

 

この行動指針によって、予期しない出来事やチャンスを、自分の周りに創造しやすくなるのだそうです。(From 米スタンフォード大のクランボルツ教授のキャリア異論。なんか小難しそうですね~)

まあ、船乗りが北極星を目印にするかのように、折に触れ夜空を仰いで「そうか、向かう先はあっちだった」と思い出したいと思ってます。

 

参考リンク;

転職に逆風 コロナショックでも折れない「自分磨き」|出世ナビ|NIKKEI STYLE

豚の角煮は母の専売特許だった。今日までは。

大好物、だけど自分で作ろうってなかなか思わない料理ってありますよね。小籠包とか、アクアパッツァとか、おばけパフェとか。

そんなメニューの一つに「豚の角煮」があります。だって圧力鍋持ってないし、そもそも豚の塊肉って高いし、私&旦那はそこまで豚肉ラヴァーでもないしな...と。

 

しかしとある昼下がり、ラジオで料理家のきじまりゅうたさんがお話しされているのを聞いて、突如なにものかが降臨したかのように「豚角煮を作りたい」熱に浮かされておりました。

そしてようやくトライ。作り方を備忘録として書いておきます。ズボラーさんでも作れます、片手鍋とガスコンロさえあれば!

*豚肉 300g

*ショウガ薄切り

芋焼酎と水

*しょうゆ、さとう 各大さじ2

①豚肉をフォークでめった刺し、適当な大きさに切ったら全体に塩こしょうをまぶす

②鍋にサラダ油を敷いて、豚肉の全面をじーっくり焼く。脂を出し切るためです。計10分くらいかけて。

③鍋底の脂をふき取って、しょうがと豚肉を入れ、焼酎と水をだばーっといれてひたひたの水位にする。弱火で1時間煮る。アルミホイルで落し蓋したら、あとはほっとけばいいんです。換気扇つけとけばOK

④一旦肉と生姜を取り出し、煮え湯を捨てて鍋を洗う。

⑤鍋に肉を戻して、しょうゆと砂糖とヒタヒタの水を入れたら、さらに弱火で1時間煮込む。ほっとけば(以下略)

f:id:vento_str:20200513135038j:plain
f:id:vento_str:20200513135043j:plain

⑥あら熱が取れたら、冷蔵庫で一晩冷やす。翌朝、白ーい脂が固まっているので取り除く。

⑦さらに数時間置いて、味しみしみにする。食べる前に温めてね!

f:id:vento_str:20200513135049j:plain
f:id:vento_str:20200513135053j:plain

 

一見、手順が多そうですが、ほとんどやること無いです。弱火で煮込む=ほっといていいわけですから。あ、さすがに昼寝とかしたら危ないけど。