インドで土偶に恋をする

インド Puneにて駐在員妻となりました。

森の妖精 シマエナガにハマる。

 シマエナガという鳥がいます。

北海島に生息する野鳥で、その白くて丸っこい姿から、雪の妖精などと愛称をつけられており、野鳥写真家の人気者です。

最近はじめたインスタグラムで、偶然この鳥の写真を見かけたのが運の尽き。すっかり一目ぼれしてしまい、アイドルよろしく愛でています。

 

だってこの羽毛の白さ。くりっとした黒い目。丸っこくてふわふわしていて小さくて、こんなにかわいいのに野生だなんて!!

雪原を背景に、木の枝にぽてっと止まって、ちょっと首をかしげている姿なんてもう

言葉に尽くせぬほど、かわゆい。

 

両手に乗せて、あのふわふわした胸毛を指ですくってみたいな、などと変態めいたことを想像してフフフと笑っていると、「またか」と旦那に呆れられます。でもいいの、好きだから。

 

そんな愛くるしいシマエナガ、しかし自宅で飼いたいとは全く思いません。

北海道の大自然の中を、自由に飛び回って逞しく生きていてほしい。

しかたないので、写真集を買ってしまいそうな勢いです。(もちろん日本では沢山出版されています)

f:id:vento_str:20190816235757j:plain

あーかわいい。

 

俳優や芸能人にのめりこんだことなんて、これまでの人生で皆無でした。そして、そういう人の気持ちってどんな感じなのかなぁと、斜に構えて眺めていたのに。ひとって、なにが心の琴線に触れるか分からないものですね。

 

シマエナガ愛(片想い)が続く間は、心満たされる癒し(=シマエナガの写真を眺める)がひとつ増えそうです。