インドで土偶に恋をする

インド Puneにて駐在員妻となりました。

プネーで豆腐を手作り。

インド・プネに住んでいて、絹ごし豆腐なんて夢だわ...とぼんやりしていたら、インド滞在歴5年という駐在大先輩から「とうふ?ひよこ豆と水だけで作れるわよ~~」と驚きの情報を得て、さっそくレシピを調べ(すぐ見つかりました)作ってみました!

 

f:id:vento_str:20190818020127j:plain
f:id:vento_str:20190818020131j:plain
f:id:vento_str:20190818020136j:plain
f:id:vento_str:20190818020142j:plain

ひよこ豆で作る豆腐 レシピ>

ひよこ豆200gを、一晩(8時間)水に浸す。水の量は豆の2倍くらい。

②水をいったん捨てて、新しい水400ccを加え、ハンドブレンダーとかジューサーミキサーでガーーーーっとやる。(このために、一念発起してハンドブレンダーを買いました。from Amazon

③ザルとさらしで、②を濾してオカラと豆乳に分ける。さらしで濾した後も、優しくぎゅうぎゅうと豆乳を絞りとりましょう。最後の一滴まで!

④豆乳を鍋に入れ、たえずかき混ぜながら中弱火で温めます。4分ほどでトロミが出てきて、葛湯状態になります。そしたらタッパーへ。

あとは冷やすだけ!

f:id:vento_str:20190818143258j:plain

と、豆腐だ....!!

驚くほど豆腐そのまんまの味でした。原料、大豆じゃないのに!にがりも使ってないのに! 火加減のせいか、初回はすこし柔らかめ(ざる豆腐くらい)の仕上がり。温めつつ練る時間を長くするか、水の量を少し控えたら固めの木綿豆腐風になるのかもしれません。試行錯誤、あるのみ!

 

プネのスーパーマーケットで、TOFUという商品名で売っている豆腐は残念なほどおいしくない(※我々夫婦の個人的な所感です!悪しからず)ので、やわらかな豆腐が自宅で作れるなんて、本当に嬉しい。しかも、ひよこ豆(生豆)は200g=30ルピー(45円くらい)と原単価も激安です。

 

さらに修業を積んで、プネで日本人向けの豆腐屋でも始めたら面白いかしらと秘かに妄想中。