インドで土偶に恋をする

インド Puneにて駐在員妻となりました。

甘えび、刺して揚げて。

近所の鮮魚スーパーマーケットで、宝石みたいにつやつやの甘エビが一皿(山盛り)300円でした。

「安~い、しかしなーちょっと多い、それに今日は焼魚の予定で…」と思いながらじーっと悩んでいると、店員さんがずいと近寄ってきた。そして、それはもう愛想よく「今日のは、赤色がきれいでしょ!お刺身で食べきれなきゃ、頭ごと唐揚げにもできますよ~」と。

こういう売り文句と、鮮魚店のおばちゃんの笑顔には弱いのよね。2秒後には「じゃぁこれ一皿」と言ってました。

 

まずはお刺身。

f:id:vento_str:20201019233629j:plain
f:id:vento_str:20201019233638j:plain

新鮮な甘エビって、本当に甘いんですよ。とろんと。

 

翌日は言われた通り、小麦粉をつけて揚げました。

f:id:vento_str:20201020141013j:plain
f:id:vento_str:20201020141021j:plain

揚げたてピチピチのを、立ったままひょいとつまむ、幸せよ。これは作り手の特権、もちろん旦那には言わないで(笑)

 

※甘エビをおいしく食べるコツはひとつ。海水くらいの塩水で洗うこと!汚れと臭みが一気に取れます。