インドで土偶に恋をする

インド Puneにて駐在員妻となりました。

日本で飲んだジンの話し。

f:id:vento_str:20190601092317j:plain

 [TENU]

テヌ・ジンはフィンランドの奥深く、北欧最後の原生の森(=タイガ)の貴重な恵みと清冽な湧水を使用して、

修道士達の手により丁寧に造られています。野薔薇、リンゴンベリー、希少な森の恵みと最高品質のジュニパーベリーによってもたらされる、その芳醇な香りと味わい…

- + - + - + - + - + - + - + -

日本での一時帰国中、人生をちょっと変えるお酒に出会いました。

…と書くと大袈裟ですが、今まで知らなかったけれどGINのおいしさに目覚め・驚いたというお話しです。

 

都内某所にあるジン専門店で、すてきな店員 pottoさんに勧められ選んだ一本、テヌ。

 

お酒の香りを嗅いで、「深い森の中みたいだ」と感じたのは人生で初めてです。朝露に濡れる樹々の葉と、赤い実のベリー系果実の香りが混ざり合い、深呼吸したくなるような、いーーい香りがしました。

ジントニックをお願いすると、リンゴンベリーとパンジーの花をのせた一杯を作ってくださいました。感動!

 

一緒に頼んだのは、沖縄のジンORI GINを使ってパイナップルをのせた一杯。こちらは沖縄らしく、ちょっと泡盛系の香りがします。しかしトニックウォーターで割ってパインを乗せるとアラ不思議、泡盛のごつさがまろやかさに変わり、パインの甘酸っぱい香りと相まって、すばらしく爽やかな風味になります。

f:id:vento_str:20190601092320j:plain

 

カクテル作る人ってすごいなぁ!!と感激しました。そもそも素材も最高なんですが。

 

日本でおいしいものに出会えてよかったです。

それを一緒に楽しんでくれる、優しくてシャープな友達がいてくれたことにも、感謝。